オフィスリノベーションするなら!【名古屋】

大きな窓から光が入ってくる開放的なオフィス空間。

この記事では、オフィスのリノベーションについて、その概要やメリット、注意点について詳しく解説しますオフィスリノベーションは、企業の成長や効率性向上、従業員のモチベーション向上などに大きな影響を与える重要な取り組みです。

適切に計画し、注意点を押さえながら進めることで、成功に近づくことができます。ぜひご参考にしてください。

ご担当者様や経営者様、オフィス運用に関わる皆様にとって、有益な情報となることを願っております。


目次

オフィスのリノベーションとは?
オフィスをリノベーションするメリット
オフィスリノベーションの種類を解説
オフィスリノベーションの注意点
働きやすい職場作りの為のリノベーション
オフィスリノベーションの選び方と工夫

オフィスのリノベーションとは?

オフィスのリノベーションは、会社の成長に合わせてオフィス移転や内装工事を行い、職場環境を向上させ、効率性や従業員の満足度を高めるための取り組みです。企業にとって、オフィスリノベーションはビジネスの成功に欠かせない要素となっています。

オフィスリノベーションにはさまざまなアプローチがあります。例えば、ワークスペースのレイアウトを改善し、効率的な環境を整えることから始めることや、新しい設備や家具の導入、エネルギー効率の向上、デザインのアップデートなども一般的なリノベーションプロジェクトの一部です。老朽化した施設の機能改善を解決するもその一つでしょう。

近年、オフィスリノベーションは、オフィスづくりにおいて重要な役割を果たし、フリーアドレスや間仕切り壁の設置で開放的なオフィス空間やパーソナルな空間を新たにフロアに導入したり、テレワークに対応したオフィスづくりも増えてきています。これにより業務効率の向上などが期待できます。これを大々的に行うケースでは会社の移転も検討しますが、物件の選定または建物を新築する際 には坪単価の評価を行うことも重要です。

オフィスリノベーションは、外見の美しさだけでなく、働きやすさや環境の品質向上を目指します。このプロセスは、企業にとって競争力を維持し、成長をサポートする重要な取り組みとなります。そして原状回復に関する規定や工期にかかるスケジュール、また政府や自治体からの補助金の活用など、資金面のさまざまな要素も合わせて検討する必要があります。

オフィスをリノベーションするメリット

コンパクトなオフィス。白を基調としたシンプルなオフィス空間。

オフィスをリノベーションすることは、多くのメリットをもたらします。これらのメリットは、従業員の生産性向上から企業イメージの向上までさまざまです。以下では、オフィスをリノベーションする際の主なメリットについて説明します。

生産性向上: リノベーションにより、従業員がより快適な環境で仕事をすることができ、集中力が向上します。適切な設備や効率的なワークスペースは、業務の効率性を高め、業績にポジティブな影響を与えます。

従業員満足度の向上: 快適なオフィス環境は従業員の満足度を向上させます。リノベーションにより、働く場所がより魅力的で居心地の良いものとなり、従業員のモチベーションを高めます。

企業イメージの向上: 現代のオフィスは企業のイメージを反映する重要な要素となっています。例えばモダンで魅力的なオフィス環境は、顧客やパートナーに対してプロフェッショナルな印象を与え、信頼性を高めます。

効率的なスペース利用: リノベーションにより、スペースの効率的な利用が可能となります。無駄なスペースを最小限にし、新しいニーズに合わせて調整できるため、コスト削減にも寄与します。

環境への配慮: オフィスリノベーションを機に、環境への配慮を取り入れることができます。エネルギー効率の向上や持続可能な設計を導入することで、企業の社会的責任を果たす一環となります。

これらのメリットは、オフィスをリノベーションする際に考慮すべき要因です。最終的に、オフィスリノベーションは会社の目的に合ったオフィス環境を実現し、期待を超える成果をもたらすことができるでしょう。

逆に、オフィスリノベーションにはデメリットも考えられます。予算や工事内容の見積もり段階での慎重な計画が必要で、コスト管理が課題となります。また、エントランスやオフィス家具の選択に関しても検討が必要で、誤った選択を後から修正するのは難しいことがあります。これらのデメリットに対処するためにも、入念なプロジェクト管理と専門家の助言が重要です。

次に、具体的なオフィスリノベーションの種類について詳しく探ってみましょう。

合わせて読みたい

建築家|TOGODESIGN
東郷 高憲のコラムはこちらから

オフィスリノベーションの種類を解説

オフィスでノートパソコンに向かい仕事をする人。

オフィスリノベーションには、大まかに2つの方法があります。それぞれに利点や適した場面があるので解説していきます。

一つ目は「全面改装」で、これはオフィス全体を大規模に改装する方法です。もう一つは「部分的な改装」で、特定のエリアや機能に焦点を当てる方法です。どちらの方法を選択するかは、企業のニーズや目的に応じて選択されます。

全体的な改装(フルリノベーション)

総合的な変化: オフィス内のほぼ全ての要素を改装します。床、壁、天井、設備、家具、照明などが含まれます。

統一感とブランド表現: 企業の一貫性とブランドイメージを体現できます。オフィス全体が統一感を持ちます。

将来の柔軟性: 長期的な計画に基づいて設計し、将来の拡張や変更に対応できます。


部分的な改装(ポイントリノベーション)

特定の領域にフォーカス: 特定の部屋やエリアを改装します。たとえば、会議室、休憩スペース、受付エリアなどを選択できます。老朽化の対策も行います。

コスト効率: 予算制約がある場合や、特定のエリアに急速な変更が必要な場合に選択されます。

柔軟性: 特定のニーズや課題に対応する柔軟性を提供し、必要な箇所を重点的に改善できます。

どちらを選ぶかは、組織の目的、予算、時間枠、および将来の計画に依存します。全体的な改装は、オフィス全体の一貫性とブランディングを強化し、長期的な視野に立つ場合に適しています。一方、部分的な改装はコスト節約や急速な変更が必要な場合におすすめで、柔軟性を提供します。

選択肢を検討する際には、具体的なニーズと目的に基づいて決定を行いましょう。オフィスリノベーションは、組織の成功に大きな影響を与える重要なプロジェクトですので、慎重な計画と検討が必要です。

次に、オフィスリノベーションの際の注意点についてお話しします。

オフィスリノベーションの注意点

ウッド調のデスクや収納家具で整理整頓されたオフィス空間。

オフィスリノベーションは効果的な方法ですが、計画と実行において注意が必要です。以下は、オフィスリノベーションを進める際に考慮すべき注意点です。

予算管理: プロジェクトの予算を適切に管理しましょう。予算オーバーランは問題を引き起こす可能性があります。予想外の費用や変更に備えるための予備費用も考慮しましょう。プロジェクトの財務健全性を確保するために、予算の透明性とコントロールを重視しましょう。

スケジュール: プロジェクトのスケジュールを明確に計画し、適切な期日を設定しましょう。遅延は業務に影響を与える可能性があるため、計画的な進行が重要です。プロジェクトメンバーや関係者とのコミュニケーションを強化し、スケジュールの遵守を確保しましょう。

設計とコンセプト: オフィスのデザインとコンセプトを慎重に考えましょう。従業員のニーズとブランドイメージに合致するデザインを確立し、魅力的なオフィス環境を創り出しましょう。デザインは従業員の快適性や生産性に大きな影響を与える要素ですので、注意深く計画しましょう。

許認可と法規制: リノベーションには建築許可や法規制への遵守が必要です。地元の法的要件を確認し、許可を取得するための適切な手続きを行いましょう。法的なコンプライアンスはプロジェクトの順調な進行に欠かせない要素です。

コミュニケーション: ステークホルダー、従業員、設計者、建設業者とのコミュニケーションを維持しましょう。進捗状況や課題についてオープンで透明性のあるコミュニケーションを行います。見積もりや打ち合わせの内容は社内で共有し、関係者間での連携を強化しましょう。コミュニケーション不足にならないよう、定期的な情報共有を心がけましょう。

業務の中断: リノベーション施工期間中、一部の業務は中断する可能性があります。業務の継続性を確保し、従業員に適切なサポートを提供しましょう。業務のスムーズな運用を維持するための計画を立て、中断を最小限に抑える工夫が求められます。

データとセキュリティ: 機密情報やデータのセキュリティを確保するための対策を講じましょう。セキュリティシステムの再評価やデータの適切なバックアップを検討し、機密性を守りましょう。データ漏洩やセキュリティリスクを最小限に抑えるための対策が必要です。

持続可能性: 環境への配慮が重要です。持続可能な素材の選択やエネルギー効率の向上など、環境に優しいプラクティスを積極的に導入しましょう。持続可能なリノベーションは環境への貢献を意味し、社会的責任を果たす一環として価値があります。

アフターサービス: プロジェクトが完了した後も、アフターサービスが提供されることを確認しましょう。問題が発生した際に適切なサポートを受けられるか確保しましょう。アフターサービスはプロジェクト全体の成功に寄与します。

これらの注意点を考慮しながら、オフィスリノベーションプロジェクトを進めることで、スムーズかつ成功する可能性が高まります。

次に、働きやすい職場を作るためのリノベーションについて詳しくご紹介しましょう。

働きやすい職場作りのためのリノベーション

オフィスの中で同僚たちがコミュニケーションをとっている様子。

オフィスリノベーションは、会社のオフィスをアップデートすることで、従業員がもっと快適に効率的に働けるようにすることを指します。新しいオフィスデザインでは、チームが協力しやすく、アイデアを共有しやすいオープンスペースを作ったり、オフィス内部も快適にするための工夫が施されたり、最新のテクノロジーも活用されます。これらの変化により、社員は仕事に集中しやすくなり、会社全体も成功に近づけるのです。

また、リノベーションは従業員の働き方を改善し、仕事と生活のバランスを取りやすくするための大切な変化です。効率的に作業できるスペースやリラックスできる場所、同僚と交流できるエリアが整備されたりすることにより、社員の健康や幸福感が向上し、同時に会社の成功に貢献します。オフィスリノベーションは、働く環境を改良し、従業員がより満足し、生産的になるのに役立つのです。

そして、ビジネスの成功と、私たちが働きやすい職場を作るための大切な取り組みでもあります。新しい職場環境を整備することで、優秀な人材を引き寄せ、会社の成長を持続可能にするための鍵となります。従業員の満足度向上や生産性向上を通じて、企業が他社と競争できる力を高め、成功へのステップを踏むのに役立ちます。オフィスリノベーションは、これらの目標達成に向けた大切な一歩です。

オフィスリノベーションの選び方と工夫

オフィスリノベーションは、会社の施策や改革の一環として、従業員の活性化やワークスタイルの改善を図るための重要なステップです。その際、オフィスの雰囲気やデザイン性をどうするかが大切なポイントです。

従業員が快適に働けるように、オフィスのデザインをどうするかを考える大事なことです。従業員の声を聞いて、どんなオフィスがいいかを考えることが大切です。また、自分たちの好きなスタイルで働けるように、デスクやインテリア、空調なども工夫します。これにより、従業員の満足度が向上し、生産性の向上につながります。

ビル内でのオフィス選びでは、非常に大切なポイントがあります。開放感があるか、ビルの状態がどうか、利用できるスペースの範囲はどのくらいかを考慮しながら、物件を選ぶ必要があります。最終的には、従業員が快適に働ける環境を整え、会社の活性化を実現するために、オフィスリノベーションのプランをまとめ、信頼性のあるリノベーション会社に問い合わせをしましょう。適切な物件とプロの協力を得ることで、成功への第一歩を踏み出すことができます。

もちろん、ゼロからリノベーション会社と相談しながら進めていくこともできます。まず、社内で具体的なイメージを共有し、リノベーションの提案や詳細な計画を練ることが大切です。これにより、商談もスムーズに進み、理想的なオフィス環境を実現するためのステップを踏むことができます。望む変化を明確にし、その実現に向けて前向きに進んでいきましょう。

イロノリノベとは?

たくさんの色の色鉛筆が束になり整列している。

私たちイロノリノベは、家具メーカー【arne】と建築設計事務所【TOGODESIGN】がタッグを組んだ共同リノベーションプロジェクトです。

色をテーマにした魅力あるデザインの空間を、安定した品質と適正価格でリノベーションを行います。

「白から黒まで全ての色の可能性」がコンセプトのリノベーション。

リノベーションやリフォームを考えているすべての人へ、ライフスタイルに合わせたシンプルな部分改装から間取りの変更まで幅広いご要望におこたえします。

名古屋市を中心に愛知県内の【マンション】【オフィス】【店舗】のリフォームを検討されている方は、是非お気軽にご相談ください。